肌トラブルの話 肌あれの話

肌トラブルの話  トップにもどる

 

季節の変わり目は、肌の変わり目!?

季節の変わり目は、肌の変わり目!?

ひと夏を過ごした肌は、大きなダメージを負っています。
そんな肌が季節の変わり目をむかえると、
変化に対応しきれない肌は、さまざまなトラブルを抱えてしまうことに…
快適に過ごせる秋だからこそ、肌をやさしく癒して、
これからやってくる冬に備えましょう。

気温や湿度に肌はついていけない!?

ひと夏を過ごし秋をむかえる頃の肌は、「日やけの色がさめてきたら、しみやそばかすが目立ってきた」「肌全体がどんよりくすみ、メイクののりがよくない」「夏の間はべたついていた肌がカサカサしてきた」など、さまざまなトラブルをおこしがち。

外気に直接触れている肌は、もともと気温や湿度の影響を受けやすいもの。特に季節の変わり目には、日によっては急激に気温が下がったり、湿度が大きく変化することもあります。肌がそれに対応しきれないと、一時的に過敏な状態になったり、さまざまなトラブルが起きたりします。そう、季節の変わり目は、肌にとっても一大事な時季でもあるのです。

気温や湿度に肌はついていけない!?

季節で変わる肌のコンディション

基本的に夏は気温が高いので皮脂や汗の分泌が増えて肌は脂っぽくなり、逆に冬は空気の乾燥と皮脂の分泌量が減ることで、肌はかさつきやすくなります。肌の状態は、一年中同じではないのです。

また、「頬はかさついているのに、額や鼻、小鼻のまわりなどだけがべたつく」という状態や、「顔全体が脂っぽいのに、肌にしっとりとしたうるおい感がない」という状態になることがあります。これらの場合、顔の部位によって水分と油分のバランスが大きく違っていたり、皮脂は過剰に分泌されているのに水分が不足し乾燥している状態であることが考えられます。このような肌は、水分と油分のバランスが乱れ、水分保持機能が十分に働いていないことが考えられます。その結果、夏から秋にかけての空気の乾燥や突然の強風などによるさまざまな外的刺激によって肌トラブルを起こしてしまうことがあるのです。

肌の保湿機能とは?

そもそも肌は体の中で粘膜とともに外界と接している部分であり、体を守るという大変重要な役割をしています。そのために必要なのが、肌の一番外側にある角質層の働きです。

健康な角質層には、約15~20%程度の水分が含まれており、外界とのバリアゾーンとなって体の中の水分が外に出ていかないように働いています。

角質層は常に外気に触れているため、外的環境の影響を受けやすい状態にあります。特に、湿度との関係は密接で、湿度が高ければ角質層の水分量は増し、空気が乾燥していれば角質層の水分量は減少します。

角質層の水分量が10%以下になると、肌があれた状態になり、肌のバリア機能はがくんと低下。角質層から水分がどんどん蒸発し、さまざまな刺激に対する抵抗力が落ちてしまうのです。

健康な表皮 水分量約15%~20% 肌あれの表皮 水分量10%以下

季節の変わり目の肌をケアする

紫外線量も減少し、快い気候の日が続く秋は、肌のダメージを癒し、肌のコンディションを整えるのにぴったりの季節といえます。冬へと向かうこの季節に特に気をつけたいのが、肌の乾燥と栄養素の不足。水分不足から引き起こされる肌トラブルの悪循環を断つために、うるおいのある健やかな状態に整えるよう心がけましょう。

まず、特に注意したいのが洗顔後の保湿。気温が低下すると、人の肌は皮脂を分泌するのに時間がかかり、その間肌はバリア機能があまり働かない無防備な状態になってしまいます。洗顔後はすぐに化粧水や乳液、美容液などで、お肌にうるおいを与えてあげましょう。

そしてもう一つ、肌の栄養素の不足を補うために、毎日の食生活の中でビタミン類を十分に摂って体の中からケアしておきましょう。ビタミンCをはじめ、粘膜や肌の健康を保つはたらきのあるビタミンB群は積極的に摂ることが大切。特に忙しくて外食が多いなどの理由から十分なビタミンを摂るのが難しい場合は、ビタミンを主な成分とした医薬品で、効率的に補給するという方法もあります。

  

このページのトップへもどる