肌トラブルの話‐しみの話

肌トラブルの話 トップにもどる

 

「光老化」にご用心 監修:東京慈恵会医科大 皮膚科 上出良一先生

紫外線によるダメージが肌の老化を早めることが判明しました。
この紫外線による肌の老化を「光老化」と呼び、専門家が注意を促しています。紫外線と肌のこと、もう一度きちんと考える必要がありそうです。

えっ、紫外線が肌を老化させるの!? ~「光老化」とは

しみやしわが気になり始めると「年齢のせいかしら」と思いがちですが、加齢によるものだけではありません。紫外線を浴びたことによっても起こる肌の老化があります。これは「光老化」と呼ばれ、避けることができない加齢による自然老化と区別されています。自然老化はたったの20%で、実はその原因の約80%は、「光老化」であるといわれています。

自分の体でも例えば上腕の内側と顔の皮膚を比べてみると、顔の方がしみやしわが目立っていませんか?顔や首、手の甲など普段から日光に当たっている部分は、日光に当たらない皮膚と比べると、老化の程度がかなり進んでいます。

「しわができるのは年齢のせいだから仕方ないわ…」そんなふうにあきらめてしまわずに、まず紫外線から肌をしっかり守ってあげましょう。

「光老化」を起こす紫外線の種類は?

私たちは一口に「紫外線」と呼んでいますが、紫外線は波長が長い順に、UVA、UVB、UVCの3種類に分けられます。そのうち、地上まで届いて肌に影響をあたえるのはUVAとUVBの2種類。

UVAより波長の短いUVBは、真皮の浅い層までで止まりますが、皮膚への影響が強く、はれや痛みなどのヒリヒリした炎症を引き起こして肌に大きなダメージをあたえます。

波長が長いUVAは、曇りでも容赦なく降り注ぎ、表皮の下の真皮深くまで届き、じわじわと肌にダメージを与える怖い紫外線です。肌はUVAとUVBの両方の紫外線からダメージを受けているのです。

地上に届く太陽光線

光老化は30代からあらわれる?

真っ赤に日やけした肌がだんだん黒ずんでくるのは、表皮の中のメラノサイト(メラニン産生細胞)がメラニンを作って、皮膚の表面に現れた結果です。メラニンは、皮膚の細胞のDNAが傷つくのを防ぐとても大切な役割を担っています。肌にはもともと紫外線に対する防御機能が備わっているのです。ところが、たくさんの紫外線を浴びすぎると、肌はその"異常事態"に対応して、必要以上にメラニンを作り続けてしまい、しみとなってしまうことがあります。35歳前後から目立ってくるしみは、「光老化」の初期のあらわれといえるかもしれません。また、しわも単なる加齢によるものと光老化によるものとでは異なります。

加齢とともにお尻などによってくるしわは、小さなちりめん状のしわですが、光老化によるしわは深く大きなしわになります。これは真皮がダメージをうけてコラーゲンや弾力線維であるエラスチンの性質が変わってしまい、皮膚が弾力やハリを失ってしまいしわになるからです。

農作業などで紫外線を常にあびている人の首の後ろにはこのような深いしわが見られます。

DNAへのダメージと活性酸素

紫外線によって皮膚がダメージを受けると、表皮細胞の遺伝子(DNA)に傷がつきます。
例えば、真夏の快晴の昼間に太陽の光を1時間浴びると、1つ1つの細胞の遺伝子に、100万個も傷がつくといわれています。細胞にはそれを修復する作用があるので、2~3日もすれば自然に修復されますが、例えばメラニンを作る細胞のDNAに傷がつき、修復されないままになってしまうと、その細胞はメラニンを必要以上に作り続けかねません。そうすると、これがしみとなることがあります。

また、紫外線を浴びた表皮が赤くなり、炎症を起こした部分では活性酸素が作られます。活性酸素とは酸素が変質したもので、これによって細胞の膜が酸化され細胞の機能が妨げられます。

くぎが長い間空気にさらされてさびてくるように、皮膚も紫外線によって炎症を起こした部分が活性酸素に長い間さらされることで老化が進んでいきます。
これが「光老化のメカニズム」と言われるものです。

人はもともと体内で発生する活性酸素を消去する酵素を持っており、活性酸素の害から体を守る機能がありますが、だんだんこの機能も低下していきます。

また、活性酸素を消去する働きのあるものを抗酸化物質といいますが、人の体内で合成される酵素をはじめ、ビタミンCやビタミンEなどのビタミン類や、ポリフェノール、カテキンなどにもこういった働きがあると言われています。

肌の老化の約80%は紫外線による「光老化」が原因。これを防ぐには何より紫外線を避けることが一番大切です。つまり、普段の生活のなかでの紫外線対策が、肌の老化を防ぐことにつながる可能性があるわけです。

  

このページのトップへもどる