レポート!ビタミンCの真実 気になるビタミンCの働きや効果をチェック♪

「どうしてビタミンCが 必要なの?!」ビタミンCは生命維持に欠かせない栄養素のひとつです。ネコやイヌなど、ほとんどの動物はビタミンCを体内で作ることができるのに、なんと、ヒトはビタミンCを体内で生成することができないんです! そのため食事などから継続的に摂取しなくてはいけません。  「ビタミンCの摂り方」ビタミンCは水溶性なのでまとめて摂取しても、体内にとどめておくことができません。 同じ量でも一度にまとめて摂るより、朝昼晩など分散させて摂るのが効果的です! 「ビタミンCと
年齢の関係って?!」年をとるにつれて、体内のビタミンC量は次第に減ってしまいます。また、老年期には骨折を起こしやすくなります。骨の半分近くは、コラーゲンでできているので、骨を丈夫に保ち、カラダの組織を強くするためにもビタミンCが欠かせません。年をとったなぁと感じたときにも、ビタミンCの補給を! 「しみ・そばかすには、 ビタミンC!」しみ・そばかすは、紫外線を浴びることでメラニンが増加し、皮膚に沈着したもの。ビタミンCは、メラニンがつくられるのを抑えたり、できてしまった濃い色のメラニンを薄い色のメラニンにすることで、しみやそばかすを薄くしてくれます。 「疲れたときには、ビタミンC」カラダが疲れているというのは、エネルギーが不足しているということ。ビタミンCはエネルギーをつくり出すのに必要なカルニチンの生成に関わっています。疲れているときはビタミンCの補給を! 「コラーゲンの生成に・・・ ビタミンCが必要不可欠?! 」肌にツヤとハリを与えてくれるコラーゲン。アミノ酸からコラーゲンをつくるときには、ビタミンCが必要不可欠です。ビタミンCが不足してコラーゲンが生成されにくくなると、細胞と細胞をつなぐ結合組織が不十分になり、肌弾力も低下。血管壁がもろくなり歯茎から出血することも・・・。 「カゼのときは、 ビタミンCがいいって ホント?! 」カゼをひいたときは、カラダが病原体と戦っている状態で、ビタミンCを消耗しています。十分な休息とビタミンCをきちんととりましょう。 「ストレスを感じたときにも?!」ストレスがたまっているときは、大量のビタミンCが使われてしまうため、不足しがちに。日頃からストレスを感じている人は、意識してビタミンCを補給しましょう。 「元気な赤ちゃんの ためにも、ビタミンC!」栄養をしっかりとることが大切な妊娠・授乳期。もちろんビタミンCも例外ではありません。また、妊娠や子育てからくるストレスで、体内のビタミンC濃度は急激に低下してしまいます。ビタミンCには、鉄分の吸収を高める働きもあるので、妊娠中の人は、積極的に補給しましょう。 「ナルホド! 医薬品とサプリメントの違い 」医薬品は薬事法で承認を受けているもので、品質や安全性などについて厚生労働省の厳しい審査を受けて合格したもの。特定の症状に対する効能・効果が認められています。一方、サプリメントはあくまで食品。食事の偏りを補う目的のもので、効能・効果はありません。 さあ、あなたも!ビタミンCで、内側からケアをはじめましょう。

このページのトップへもどる